更新について

  • 「ふっきー奮闘記」の更新は、不定期更新となります。ご了承下さい。

ランキング

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

  • 名前:ふっきー(HN)男

    大阪で舞台俳優をしながらアニメ声優を目指していました。今はしがないサラリーマン。ほそぼそと生きています(´・ω・`)

    お気に入りに追加
    My Yahoo!に追加

    Add to Google

    Subscribe with livedoor Reader

検索

Welcome!

  • お越し頂きありがとうございます☆

    since 2006/02/24

    ふっきーを登録 by BlogPeople

    当ブログはリンクフリーです。
    相互リンク大歓迎!メールまたはコメントにてご連絡下さい!

    コメント・トラックバックにつきまして、 当ブログでは、管理者承認制を採用しております。
    当ブログの内容と関連性が少ないと判断した場合、 掲載することなく、勝手ながら削除する場合がございます。
    ご了承ください。(06/10/07)

    なお、明らかに記事中の単語や一部分だけを抜き取ってのトラックバックは公開致しません。また、当ブログがトラックバックを公開しているにも関わらず、トラックバック先ブログ様へのふっきーの書き込みが公開されていない場合は公開したトラックバックを削除致します。(07/01/26)
    更新・コメントへのお返事や皆様のブログ訪問について ゆったりペースでいこうと考えています。
    更新を楽しみにお待ちの皆様には大変申し訳ございません。
    これからも宜しくお願いします。


    リンク ブログでつながる絆
    ブログを始めてお友達になった方々のサイトやブログをご紹介しています。相互リンクも募集中です。

    視聴中のアニメ
    ふっきーが視聴しているアニメをご紹介しています。

    スペシャルサンクス
    当ブログでお世話になっているサイト様のご紹介。

メインコンテンツ

  • 役者の心得
    ここでは声優を目指している僕が実際に教わった事、感じた事をつづっていきます。主に舞台での経験が中心となりますが、舞台での演技が全ての役者の基本ですので、学校や養成所に通われる前に参考にしてみて下さい。
    劇団リスト
    声優学校や養成所などに通うと、色々な価値観と出会い、声優一本という考えから、様々な道を模索される方々も多いと思います。ここでは、声優プロダクションではなく、あえて、関西の劇団さんをご紹介していきます。
    トレーニング
    個人的に行っているトレーニングの話。こんな事やっているのかと、さらりとお読み下さい。
    声優さんリスト
    僕の好きな方や尊敬する方、目標とする方をご紹介します。
    声優・お芝居
    声優の事やお芝居・演技に対しての独り言。

サブコンテンツ

無料ブログはココログ

2009年8月13日 (木)

映画

こんばんわ。( v ̄▽ ̄) イエーイ♪

今月2回目の更新。お盆休み中です。

8月9日に映画「仮面ライダーディケイド」を観に行ってきました。

妹が舞台挨拶のチケットを購入したので。

舞台挨拶は、電王以来です。

なかなか面白い舞台挨拶でした。

今月は、20世紀少年の最終章が公開されるので、それが楽しみ。

でも、20世紀少年の後は、これといった映画がない・・・

最近、本当に面白い映画がありませんね。。。

 

最近、災害が集中している気がします。

気をつけようがないのかもしれないですが、なにかしらの対策は必要ですね。

お出かけされる方は、くれぐれもお気をつけて。

 

ではでは~

2009年8月 1日 (土)

MW

面白かったです。

また、観に行きたい。。。

2008年9月27日 (土)

パコと魔法の絵本

<子どもが大人に、読んであげたい物語。>

イエーイ(∇≦d)(b≧∇) イエーイ

どうも、お久しぶりです。

ほぼ一ヶ月間、放置状態でしたが、

ようやく色々と一段落しました。

これから、少しずつ、

以前のペースで更新できるようにしたいと思っています。

さてさて。

今日は、なんばにある映画館、

「TOHOシネマズ なんば」へ映画を観に行って参りました。

観賞作品は「パコと魔法の絵本」。

パコと魔法の絵本

そう遠くはない昔。

あるところに変な人ばかりが集まる病院があった。

院内一の嫌われ者だった偏屈なクソジジイの大貫は、

ある日、一日しか記憶を保てないパコという少女と出会う。

彼女にも意地悪にしか接しられない大貫は、

パコが悪事を働いたと誤解して頬っぺたを引っ叩いてしまい、

ひどく後悔する。

翌日、何事もなかったように大貫に近づいたパコだったが、

彼が自分の頬っぺたに「触れた」ことは覚えていた。

彼女に詫びるために、大貫は病院の皆に頭を下げ、

一緒にパコの愛読する絵本を演劇として演じてくれと懇願する。

(Wikipediaより抜粋)


テレビCMを観て、面白そうだなぁと思っていた映画です。

今日、たまたま時間があったので、観に行ってきました。

僕にしては珍しく、全くの予備知識がなかったため、

最初から最後まで、どんな物語になるのか、

わくわくハラハラしながら観る事ができました。

この作品は、変に予備知識をつけるよりは、

先に観た方がいいかもしれないですね。

CGを駆使しているので、可愛いキャラクターも登場しますから、

お子さんも楽しめる作品。

また大人の方も、笑って泣ける、そんな映画でした。

ちなみに、僕が映画観賞のほとんど、泣いていたのは内緒です☆

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

海外では、このような作品を作れるのはティム・バートンがいますが、

日本でも、この種の作品をきちんと作れる人がいて、びっくりです。

映画を観ていて、どこか「舞台っぽいなぁ」と思っていたら、

原作は後藤ひろひとさんだったんですよ。

これがビックリ。

後藤ひろひとさんといえば、

Piperや王立劇場で活躍されている俳優さんです。

なるほど、その舞台の雰囲気をきっと大切にして、

映像化されたのだなぁと。

原作の舞台は観ていませんが、ふと思ってしまいました。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

2008年9月15日から公開されている「パコと魔法の絵本」。

観賞後、ちょっとだけ、誰かに優しくなれる、そんな映画です。

それでは、今日はこの辺で。

ふっきーでした。

しーゆー!


2008年7月26日 (土)

ブラッド

( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

先日の7月24日土用丑の日に、久しぶりにうなぎ食べました。

スーパーで購入して、家でどんぶりにして食べたのですが、

(゚д゚)ウマー

でした。

ちなみに、土用丑の日にはうなぎの購入金額が

通常の約25倍になるのだそうです。

 

さて、本日は、先日観賞した映画の感想などを。


ブラッド

監督・脚本:セバスチャン・グティエレス

<キャスト>
ルーシー・リュー マイケル・チクリス
ジェームズ・ダーシー カーラ・グギーノ他

<あらすじ>

女性記者であるセイディー・ブレイクは、若者が興味を

ひきそうな記事を執筆し、注目されていた。

ある日、同僚からカルト教団絡みで取材した娘の電話番号が

ガセだった事が判明。

同僚が、その電話番号を調べていくと、

とあるホームページにたどり着く。

そこには不可解なメッセージとともに、

ある地図が隠されていた。

地図が示す場所は、廃墟と化した屋敷。

屋敷に赴き、中に入るセイディーは、

そこである男の襲撃にあう。

目を覚ますと、そこは見知らぬ場所だった。

その場所で、セイディーは謎の男・ビショップと出会う。

助けて欲しいと懇願するセイディーだったが、

しかし、ビショップはセイディーの血をすすり、

彼女の命を絶つのだった。

セイディーは死んだ。

だが、セイディーの遺体が収容された、

深夜のロサンゼルス検視所で、セイディーは目覚める。

しかし、それは人間としてではなく、吸血鬼としてだった。

何もわからないまま、彼女はビショップへの復讐を誓うのだった。

 

ルーシー・リュー主演のヴァンパイア映画!

これは期待するしかないじゃないか!

ということで、早速レンタル、観賞した次第ですが・・・

残念な作品でした。

あまり面白くなかったです。

ルーシー・リューは、アクションがとても上手。

そんなルーシー・リューが主人公なので、

「ブレイド」「アンダーワールド」のような、スタイリッシュな作品だと、

勝手に思っていたのですが、全く違いました。

どちらかというと、とても静かな映画で、

あまりアクションがない映画です。

通常、こういうありきたりなアクションに走らなかった点が

評価されたりするのですが、しかし、それがかえって、

この映画にとってマイナスに働いていると思います。

物語としての、映像としての見所が見当たらなかったため、

監督や脚本が、結局、何をしたかったのか、

全くわからない映画になってしまいました。

自分たちの作りたかった作品を作った感じです。

吸血鬼といっていても、

吸血鬼っぽいのは血をすすっているシーンだけで、

吸血鬼にも魅力がなかったのが、とても残念でした。

「アンダーワールド」以上に、

オススメできないヴァンパイア映画でしたね。

ただ、ルーシー・リューが可愛いので、それだけが救いでした。

それでも、

「ラッキーナンバー7」のルーシー・リューの可愛さには勝てませんが。

 

それでは、今日はこの辺で。

ふっきーでした。

しーゆー!

 

↓人気ブログランキング↓
人気ブログランキングに参加中です 
>>ハプニングが観に行きたい!


2008年6月 8日 (日)

アサルト13 要塞警察を観賞!

ウィー (*^¬^)ノ∀ コンバンワインー

といいながら、お酒が飲めない、ふっきーです。

先週の日曜洋画劇場で「アサルト13 要塞警察」という映画が

オンエアされていました。

ずっと観たかったにも関わらず、

なぜかすっかり忘れてしまっておりました。

「アサルト13 要塞警察」は、1976年の「要塞警察」のリメイク。

オリジナルの「要塞警察」を手掛けたのは、B級映画の帝王、

ジョン・カーペンターです。

映画が好きな方なら知らない人はいないというほど、

有名な映画監督ですね。

オリジナルを観たのは、はるか昔だったため、

ほとんど覚えていません。

ですので、今回の「アサルト13」は、初めて観る感じでした。

 

アサルト13 要塞警察

監督:ジャン=フランソワ・リシェ

脚本:ジェームズ・デモナコ

オリジナル脚本:ジョン・カーペンター

キャスト:
イーサン・ホーク
ローレンス・フィッシュバーン
ガブリエル・バーン
ジョン・レグイザモ
ブライアン・デネヒー 他

激しい吹雪に見舞われる大晦日のデトロイト。

老朽化のため、その日をもって閉鎖される13分署には

ローニックを含む数人の警官がいた。
 
そこに悪天候のため護送車が立ち往生し、

緊急搬送されてきた凶悪犯ビショップら4名の犯罪者達。

緊張の中、警官達と犯罪者達が新年の0時を迎えたその時。

13分署は謎の武装集団から襲撃を受ける。

 

その正体は、組織犯罪対策の特殊警官たち・・・。

多数の銃器と爆撃を用いた凄まじい攻撃に、

警官と犯罪者は手を結び、

最小限の武装で抵抗しなければならない!

 

外部への接触は99%不可能、署は完全に孤立した!

彼らは脱出を幾度も企てるが、ことごとく阻止され、

次々と仲間は殺されていく・・・。

果たして、

彼らは絶体絶命の夜を生き延びることが出来るのか?

そして、

空前絶後の攻撃を執拗に繰り出す、悪徳警官達の目的とは!?

 

コンパクトにまとめられたストーリー、

さほど派手なシーンもありません。

ですので、最近のアクション映画しか知らない人には、

物足りないかもしれないですね。

僕は、こういうタイプの映画は好きです。

なにも考えずに、ただ楽しめる映画です。

それにしても、B級映画なのに、キャスト陣がすごいです。

やはり、ジョン・カーペンター映画のリメイクだから、

このメンバーになったのでしょうか。

ジョン・カーペンター、恐るべし!

 

使い古されたアイデアたちが、俳優やスタッフたちの手により、

また甦ってきた感じで、

なんとも懐かしい雰囲気の映画でもありました。

お時間のある方で映画が好きな方には、オススメです。

僕もオリジナル「要塞警察」を観たいと思います。

 

それでは、今日はこの辺で。

ふっきーでした。

しーゆー!

 


2008年5月14日 (水)

フォーガットン

ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪

今日は、先日、DVDで鑑賞した映画の感想をご紹介します。

 

DVD フォーガットン 【シネマ・ザ・チョイス 第9弾】 DVD フォーガットン 【シネマ・ザ・チョイス 第9弾】

販売元:ハピネット・オンライン
楽天市場で詳細を確認する

監督:ジョセフ・ルーベン

キャスト:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ、アンソニー・エドワーズ他

ストーリー:
テリーは息子のサムを航空事故で亡くし、心が癒えず精神科に通う。

ある日、写真から何故かサムの姿のみが消えているのに気付く。

更に、その翌日、思い出の他の写真やビデオテープさえも消えていた。

テリーは、夫に問いつめるものの、夫は元々、二人の間には息子など存在しないと言われる。友人に聞いても夫と答えは同じだった。

混乱するテリーは、同じ航空事故で娘のローレンを亡くしたアッシュに会うが、アッシュもまた自分にローレンと言う娘などいないと言われる。

しかしテリーはアッシュの書斎で、アッシュの娘が書いた落書きを発見するし、アッシュはそれを見て、娘のことを思い出す。

テリーとアッシュは、どうして子供の記憶が消えてしまったのかの原因を探るべく、調査を開始するのであった。

ウィキペディア/Wikipediaより

 

ウィキペディアに、

>公開当時、「『シックス・センス』以来、
最も衝撃的なスリラー」と宣伝された

と書かれています。

はっきりと言いますが、これは間違いではありません。

これほど衝撃的な作品を、最近、観た事ないですが、

これはすごい映画です。

ストーリーは悪くありません。

主人公の設定に、

結構、無理がある気がしないでもないですけど。。。

謎が謎を呼ぶ展開で、

どうなるのだろうと、どんどん引き込まれてしまう。

しかし・・・

先ほども言いましたが、この映画、かなり衝撃的です・・・ラストが。

「えっ・・・??」と目が点になる映画です。

良かった、映画館に行かなくて・・・って、思ってしまいました。

この映画は、三部作の第一作とするならば、納得の映画ですが、

残念ながら、そんな風でもないようですし。

残念です・・・ラスト以外は、個人的には面白かったので。

話しのネタとして鑑賞する分にはいいかもしれないです。

ただし、時間に余裕のある方に限り、ですが。

また、ジュリアン・ムーアが好きな方には、オススメかと。

ジュリアン・ムーアのプロモーションムービーかなと、

個人的には思います。

僕は、ジュリアン・ムーアがかなり好きなので良かったのですが、

ジュリアン・ムーアが苦手な方には、オススメできないかも。

それにしても、

こんな脚本をOKしたプロデューサーやら監督は、すごいなぁ。

こんな脚本を使わないとダメなくらい、

ハリウッドは追い詰められているのですね。

 

それでは、今日はこの辺で。

ふっきーでした。

しーゆー!


2008年4月19日 (土)

ドラマのはなし

こ(^0^)ん(^_^)ば(^▽^)ん(^_^)わ(^○^)

僕はあまりドラマは観ないのですが、

今回は面白そうなドラマがふたつ。

パズル

キミ犯人じゃないよね?


パズルは冒頭20分くらい観れなかったのですが、

なかなか面白そうですね。

一話完結みたいなので、疲れないし。

こういうノリのドラマは嫌いじゃないです。

タイトルみて、最初、山田悠介氏の作品の映像化かと、

落胆してしまいましたが、どうやら違ったので、良かった。


キミ犯人じゃないよね?は、面白かったです。

こちらも一話完結なので、観やすいドラマです。

どんな展開が待っているのか、楽しみな作品です。

パズル」「キミ犯人じゃないよね?」は、

トリックなどを見抜く楽しみではなく、どちらかというと、

キャラクターたちの会話劇を楽しむタイプのドラマですね。

こういうドラマの方が好きです。

映画なら、

トリックのちゃんとしたミステリーがいいですけどね。

テレビドラマで硬派なミステリーは、ちょっと疲れます。



ところで、7月24日から、

テレビ画面に「アナログ」という字幕が表示されるそうです。

番組中・CM中・録画中にもこの字幕が表示されるそうです。

さらに、一定期間経過すると、

今度は「アナログ放送は2011年7月24日で終了します」という

字幕を画面下部に表示するように切り替えるそうです。

NHKや民放各社すべてが行うとの事。

なんじゃそりゃ。

まだ3年も先なのに・・・満足にテレビも見せてくれないとは。

ただでさえ、最近テレビを観なくなっているのに、

これでは、テレビ観なくてもいいやぁって、なっちゃいますね。

まったく何考えているのでしょうかね。

字幕がいやなら、

地デジ対応のテレビを買えって事なのでしょうか。

本当に何を考えているのでしょうか。



それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!

ヾ( ̄◇ ̄)ノ))バイバイ



貫地谷しほりさんって女優さん初めて知りました。


石原さとみさん主演の作品初めて見ました





2007年11月22日 (木)

バイオハザードIII

<サヨナラ・・・>

(*^ο^)こ(*^-^)ん(*^○^)ば(*^-^)ん(*^〇^)わ(*^∇^)v ニパッ♪

めっきり寒くなりました。

いよいよ本格的に冬がスタートした感じです。

朝はまだいいのですが、夜は耐えられない。。。

朝はあれですかね、麻痺しているのでしょうか?



さてさて。

先日、ぶらりと映画館へと出かけました。

観に行ったのは、「バイオハザードIII」。


あの惨劇から数年後。

T-ウィルスの感染は止めることが出来ず、世界に広がっていた。

アンデッドに埋め尽くされた地上は、砂漠と化し、

生存者は過酷な世界で生きていた。

アリスは、アンブレラ社からの監視をすり抜け、

一人で行動していた。

自らの驚異的なパワーにとまどいながら・・・


偶然、立ち寄ったガソリンスタンドで、

アリスは、あるノートを手に入れる。

そこには、アラスカが安息の地であると記されていた。


一方、カルロスはクレアとともに、

武装集団を引き連れて行動していた。

カルロスたちは、とあるモーテルに辿り着く。

そこで一夜を過ごす事になるが、

翌朝、凄まじい数のカラスに囲まれる。

違和感を感じる一団は、そのカラスは、

アンデッドを食べた事によって二次感染した、

アンデッドカラスであると気付く。

カルロスたちは、仲間を守りながら、

壮絶なカラスたちとの戦いを始める。


アンブレラ社は、地上に戻るために研究を続けていた。

「アリスプロジェクト」責任者のアイザックは、

あるものを用いて、アンデッドを凌ぐ、

スーパーアンデッドを創り上げていた。

そして、アイザックは、ついにアリスを見つけ出すのだった。


果たして、生存者たちは、アラスカへとたどり着けるのか?

そして、

アリスはアンブレラ社との戦いの決着をつける事が出来るのか?

終わらせる。この身を犠牲にしてでも。


映画版バイオハザードシリーズ完結編です。

今回は映画版オリジナルストーリー。

とても面白い映画でした。

ゾンビ映画というより、もはやアクション映画ですね。

ただし、きちんとゾンビ映画を意識したつくりになっています。

一作目と二作目をミックスした感じ。

なかなか、いい感じの映画になっています。



前回は、カルロスとジル・バレンタインが出演していましたが、

今回はクレア・レッドフィールドが出演。

カルロスは健在です。

ちなみに、意外な人物も登場します。

クレアの兄・クリスと因縁のある人物です。

あと、ファンにとっては嬉しいクリーチャーも登場。

さすがは、ポール・W・S・アンダーソン。

やってくれますな。



昼間のゾンビという結構奇妙な感覚に襲われる今作。

さほど気持ち悪い描写もほとんどありませんでした。

本当にアクション映画ですね。

オススメの一作です。



さてさて。

あとは「SAW4」と「ボーン・アルティメイタム」が観たいなぁ。

時間とお金はあるかしら??



それでは、今日はこの辺で。

ふっきーでした。

しーゆー!





リンク ブログでつながる絆(07/10/29更新)
ブログを始めて
お友達になった方々のサイトやブログをご紹介しています。
相互リンクも募集中です。


視聴中のアニメ(07/08/04更新)
僕が現在観ているアニメのご紹介です。


スペシャルサンクス(06/12/29更新)
当ブログでお世話になっているサイト様のご紹介。


ふっきー奮闘記はランキングに参加しています。

声優ランキング ブログランキング


■お知らせ■
コメント・トラックバックにつきまして、
当ブログでは、管理者承認制を採用しております。
当ブログの内容と関連性が少ないと判断した場合、
掲載することなく、勝手ながら削除する場合がございます。
ご了承下さい。


2007年10月25日 (木)

プラネット・テラーinグラインドハウス

<片脚マシンガンが火を噴くぜ・・・!>

こ(^0^)ん(^_^)ば(^▽^)ん(^_^)わ(^○^)

先日、体内時計に関してのニュースがありました。

真夜中に光を浴びると、

体内時計が光の刺激でバラバラになってしまい、

機能停止に陥るため、眠れなくなるとの事です。

夜更かしはダメって事ですよ。

という訳で、今日は、早めに眠りますo( _ _ )o...zzzzzZZ



さてさて。

今月の最初に映画を観ました。

鑑賞した映画は「プラネット・テラーinグラインドハウス」。

エルマリアッチシリーズやスパイ・キッズシリーズの

ロバート・ロドリゲスが作ったゾンビ映画です。


(あらすじ)

テキサス田舎町。

米軍基地で、ある部隊が科学者と危険な取引をしていた。

だが、

その取引がこじれてしまい、危険なガスが噴き出す。

そのガスが町にばらまかれてしまうのだった。



一方、ゴーゴーダンサーのチェリーは、

とあるバーベキュー店で別れた恋人・レイと再会する。

そして、

チェリーはレイの車に乗り込み、二人でドライブを始める。

しかし、その途中、奇妙な人間に襲われ、

チェリーは片脚を食いちぎられてしまう。

一方、町では人々が醜い姿の感染者(シッコ)となり、

人々を襲い始める。

果たしてチェリーたちの運命は?

生き残った人々は町から脱出できるのか?


グラインドハウス」の企画の一本。

デス・プルーフ」はなかなか楽しめた映画。

今回はどうなんだろうと思いながら観に行きました。

いやー面白かった!

無茶苦茶楽しい映画ですぜ!

ただ、

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」「バイオハザード

のような、紳士的なゾンビ映画ではありません。

かなり気持ち悪い描写満載です。

でも、そこがB級映画。

ツボ押さえてます。

さらに、物語もシンプルで笑いどころも満載。

デス・プルーフ」を観ていると、

ちょっとした小ネタもあるので、楽しめます。

個人的には、すごく楽しめた映画。

オススメしたいのですが、やはり、人を選ぶ・・・

思い切り人を選ぶ映画です。

予告編だけ観て、

「なんか格好いいから観よう」と思っている人は、

絶対に気をつけて!

前半は本当に気持ち悪いですからね。

それと、あっと驚く仕掛けもあります。

笑いたい方にも、オススメかもです。



余談ですが、僕の前の座席に

(かなりラブラブな)アメリカ人カップルがいましたが、

笑えないところで、かなり爆笑していました。

どうやら、日本人にはわからないテイストがあるようで。

そういう発見もあって、勉強になりました。



ちなみに「プラネット・テラー」本編前には、

フェイク予告編4本のうち、1本を見ることができます。

ロドリゲスが撮影したフェイクの映画予告編「マチェーテ」。

残りの3本の予告編も見たいですが、

これが見れただけでも、良かった☆




それでは、今日はこの辺で。

ふっきーでした。

しーゆー!





リンク ブログでつながる絆(07/04/01更新)
ブログを始めて
お友達になった方々のサイトやブログをご紹介しています。
相互リンクも募集中です。


視聴中のアニメ(07/08/04更新)
僕が現在観ているアニメのご紹介です。


スペシャルサンクス(06/12/29更新)
当ブログでお世話になっているサイト様のご紹介。


ふっきー奮闘記はランキングに参加しています。

声優ランキング ブログランキング


■お知らせ■
コメント・トラックバックにつきまして、
当ブログでは、管理者承認制を採用しております。
当ブログの内容と関連性が少ないと判断した場合、
掲載することなく、勝手ながら削除する場合がございます。
ご了承下さい。


2007年10月21日 (日)

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

<久々の怪作!さすがは、三池崇史!>

ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪

来週末に舞台を2本観に行きます。

いきなり観に行く事になりましたけど、

まだ観た事ない劇団さんなので、とても楽しみです。

さてさて。

先月、3本ほど映画を観に、映画館へ行きました。

その中の1本「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」をご紹介。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の後に観に行きました。


(あらすじ)

壇ノ浦の戦いより数百年後。

黒馬に乗ったガンマンは、

根畑(ネバダ)の村、湯田(ユタ)に辿り着く。

その村では、落ちぶれてギャングとなってしまった、

平家と源氏のふたつの組織が抗争を繰り広げていた。

村を訪れたガンマンはその腕前を両組織に見せ、

用心棒にどうだと、持ちかける。

それは、ガンマンを用心棒に迎え入れた組織が

勝利するという事を意味する。



ガンマン獲得に動き出そうとする両組織。

だが、その途中で、突如現れた謎の女・ルリ子によって、

やむなく中断される。

ガンマンはひとまず、ルリ子の店に身を寄せる。

そこに、口の聞けないルリ子の孫・平八が現れ、

バラに水をやっていた。

村の事情が徐々に判明していく。

それを知ったガンマンは、ある決断を下す。


全編英語で繰り広げられる邦画。

(一部だけ日本語発音になっていたりしますけど)

そもそも観る気なかった映画ですが、

たまたま時間が空いたので観ました。

なので、何の情報も持たず、

期待もしていなかったのですが、面白かったです。

ものすごい物語で設定ですけどね。

冒頭から驚かされっぱなしでした。



ただ、

この映画を面白いと感じる人は、あまりいないでしょうね。

かなり癖もある映画です。

B級映画で、

映画が好きな方なら、そこそこ楽しめるのでは?



主演の伊藤英明が格好良かった。

個人的に、伊藤英明、大嫌いだったのですが、

この映画での伊藤英明は、とても良かったです。

アウトローが似合ってますな。

また、伊勢谷友介も凄まじかった。英語がうまくて驚きました。

人を選ぶ内容ですが、完成度は非常に高い映画です。

が。

何度も言うように、

観ようと考えている人は、覚悟して観た方がいいです。





リンク ブログでつながる絆(07/04/01更新)
ブログを始めて
お友達になった方々のサイトやブログをご紹介しています。
相互リンクも募集中です。


視聴中のアニメ(07/08/04更新)
僕が現在観ているアニメのご紹介です。


スペシャルサンクス(06/12/29更新)
当ブログでお世話になっているサイト様のご紹介。


アニメ声優を目指す!ふっきー奮闘記
http://fukushimasan-diary.cocolog-nifty.com/blog/


ふっきー奮闘記はランキングに参加しています。

声優ランキング ブログランキング


■お知らせ■
コメント・トラックバックにつきまして、
当ブログでは、管理者承認制を採用しております。
当ブログの内容と関連性が少ないと判断した場合、
掲載することなく、勝手ながら削除する場合がございます。
ご了承下さい。


AD SPACE

  • お気に入りCD 10/02/14更新

    DJCD さよなら絶望放送 第七巻
    「忘れなきゃ続けられませんよ(byシュガー)」



    DJCD さよなら絶望放送 特別版 血裂撰
    「おう!余り面白くないから期待するなよ!(byさのすけ)」


  • ふっきーの購入した商材
    和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科には、ネットビジネスだけでなく、全ての商売の基本が書かれています。
  • プレスブログ

    出されたテーマについて記事を書いて申請すると、報酬がもらえちゃう!

  • ジャパンネット銀行

    ポイントサイトやアフィリエイトでのお小遣い稼ぎをするなら。
    Yahoo!オークション「受け取り後決済サービス」スタート!

  • BloMotion
    [BloMotion]ブログで記事を書いて報酬をゲット!!
    テーマに沿った記事をブログに掲載すると・・・?

    ブログでブームはブロモーション

  • 楽天カード

    入会金・年会費無料!さらに、楽天市場で商品購入の際、楽天カードで支払いすると、なんと通常ポイントにさらに、カード利用ポイントがプラスされちゃう、楽天ユーザーにはとってもうれしいカードです☆

  • TYPE-MOON!
    ふっきーは TYPE-MOON を応援しています。

    劇場版「空の境界」公式ホームページ

  • スポンサードリンク

旅行するなら

  • 楽天トラベル
  • トクー!
  • 近畿日本ツーリスト

  • 宿ぷらざ

お役立ち!

リンクスタッフ

  • リンクスタッフ

最近のトラックバック